読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let'snote NX2を(いまさら)買いました

最近、どうにも軽くてフットプリントの小さいパソコンが欲しくなっておりました。

日頃使っているMacBook Air 13"はじつはフットプリントが大きく、13.3インチとはいええ額縁が大きいので、薄く広く、になってしまっています。

電車、カフェ、飛行機などなど外出先でパソコンを使いたいシーンは多いものの、フットプリントが大きいと開くのが億劫です。

(とはいえ、あの薄さとあの重量でまったく不自由なく使えるノートパソコンとしてかなり完成度は高いと思います)

むかしは15インチのMacBook Pro(ドライブ付き)を毎日持ち歩いていたこともありますが、荷物は少ないに越したことはありません。

(決して、酔っ払って階段踏み外してトートバックの中のコンピュータを気にするあまり打ちどころ悪く左手を負傷してしまったから、という理由だけではありません...)

というわけで、軽くてフットプリントの小さいモバイルパソコンを探していましたが、予算(5万円以内)と条件のすりあわせからして、Let'snote SX/NXになった次第です。

買えればそれこそローズゴールドのMacBookなどは魅力的ですが、自分の仕事と見合わせた時にまだそこまでお金をかけられるフェーズではないので、そうするとMacという選択肢は消えてしまいます。

もともとWindowsであればThinkPadかLet'snoteしか選択肢がないかと思っていたわけですが、ThinkPadはバッテリーライフと重量が・・・ということでLet'sにいたしました。

 

・重量が1.3kg以内であること(MBA13より軽いこと)

・フットプリントが小さいこと

・バッテリーライフが長いこと

・げろ混みの埼京線でも安心して持ち込めること

・解像度がHD+以上であること(1366x768を上回ること)

 

・・・というような条件からして、RZ / J / AX / MX / SX / NX / SZ あたりになります

諸々考えましたがコストパフォーマンスからしてSX/NXしか選択肢に残らなかったので、ヤフオクやラクマ、メルカリあたりを物色して、状態のいいNX2を。Haswell世代になると5万円オーバーになるので残念ながら選択肢に入りません。

R9などはむかしとても憧れたマシンでしたが、2016年に1024x768のモニタということもなかろうと...(笑) 憧れと実用性は必ずしも一致しませんね。

 

f:id:bonkuradialy:20160508014630j:plain

左がMacBook Air 13 右がLet'snote NX2

MBAがHaswellでLet'sがIvy Bridgeなので世代的には一個古いですが、基本外出時の持ち運び用途としてはパワーが問題にならないことから、そこは目をつむりました。

MBAのCPUは超低電圧版のi5-4250Uなので、通常電圧版のLet'sのi5-3340Mと比してPassMarkのベンチ数値では劣ることから、世代が大きな問題にはなりません。

ストレージは純正SSD 128GB、DRAMは簡単に増設できる範囲で4GB→12GBとしましたのでWindows10であればレスポンスに関する懸念もありません。

DRAMは8GBx2で16GBまで物理的に増設可能ですが、最初から刺さっている4GBのモジュールを取り替えるには本体をすべてバラさないといけないとのことで諦めました)

1本8GBのモジュールが3,000円で買える時代ですからいいですね。最初に手にしたFMV-BIBLODRAMを増設した時は512MBのDDR1が1本で7,000円くらいしました。PentiumMで855GMチップだったXPマシンの話です(笑)

 

とりあえずWindows10 64bitをインストール後、Panasonicのドライバ類をインストール、OfficeやAdobeCCなど平素使っているソフトも一通り突っ込んで環境構築完了です。

いろいろ使用感でMac OS Xと勝手が違うこともありますが、5年位前まではWindowsもふつうに使っていたのでその頃の感覚でふつうに仕事ができています。

PowerPointなどはMac版よりもWindows版のほうがレスポンスもよく、操作もしやすいので助かっています。

・・・というよりも、MacBook AirDRAM 4GBでこちらは12GBまでマシマシにしましたのでそこがかなり効いてるのかも。手軽にDRAM増設できて、ストレージもSATAで取っ替えられて、これはWindowsマシンのメリットかなと思います。

Ultrabookはまた違ってくるでしょうが、とはいえ最近はM.2とかいう端子ができて薄型軽量マシンでもストレージすぐに取っ替えられると聞きます。Macばかり使っていると(Macは基本すべてオンボードなので)パソコンの中身に疎くなりますが、Windowsマシンだといろいろいじれて楽しいですね。自作してた頃を思い出します。(高校生なのにAMDの4コアCPUにRadeonの一番高いやつ刺したりしてた...)

 

MacWindowsでの使い勝手の比較など、そのうち書ければと思います。